県産針葉樹材を利用したパネル製造技術の開発

県産針葉樹材を利用したパネル製造技術の開発

県名島根県
研究機関名島根県中山間地域研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜20
年度2008
概要目的:床・壁材料として寸法変化が極めて少ない面材料である3層パネルの開発が要望されている。そこで、マツ−スギ等の異樹種複合3層パネルの低コストな製造技術を確立し、その性能評価を行うとともに優良木質建材としての認証支援を行う 、計画:(1)3層パネルの最適製造技術の確立と接着性能等の性能評価試験、(2)製品の品質評価と製造工程の低コスト化の検討 、期待される成果(1)異樹種複合3層パネルの製造と性能評価、(2)高品質な製品の低コスト製造技術の確立、(3)優良木質建材等の認証取得の支援
研究分担木材利用グループ
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030151246
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat