アカマツを利用した菌根性きのこの栽培

アカマツを利用した菌根性きのこの栽培

県名岡山県
研究機関名岡山県林業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継 H19〜21
年度2008
概要 これまで自然発生に依存していたマツタケ等の生産について、人工種菌を接種し、大型の菌付きアカマツ苗木を利用した人工栽培方法を開発する。特に、新素材「バイオマスプラスチック」により接種源を保護し、感染効率を高める必要がある。
研究分担業務
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030151335
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat