貝類汚染監視調査事業

貝類汚染監視調査事業

県名岡山県
研究機関名岡山県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H58〜
年度2008
概要目的:プランクトンの発生状況調査等によりマガキとアサリ等における貝毒の監視を行うとともに,県下カキ漁場のノロウイルス分布状況を調査する。成果:カキ出荷期間中ほぼ2週間に1度のサンプリングを行ったところ,陽性は6検体のみで,通算の陽性率は約3.1% と,昨年度(約11%)より大幅に低かった。、
研究分担業務部
予算区分補助(農林水産省)
業績(1)平成19年度岡山下の貝毒発生状況調査
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030151363
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat