タバココナジラミ新系統とそれが媒介するトマト黄化葉巻病の総合的防除技術の開発

タバココナジラミ新系統とそれが媒介するトマト黄化葉巻病の総合的防除技術の開発

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜20
年度2008
概要 タバココナジラミは寄主範囲が広く,トマト,ナス,メロン,キュウリなど多くの果菜類で重要害虫の一つとされている。特にトマトでは,本種がトマト黄化葉巻ウイルス(TYLCV)を媒介するため,九州,中国,四国地方を中心に大きな問題となっている。、 新たに発生したコナジラミ媒介性のトマト黄化葉巻ウイルス(TYLCV)の防除技術を確立することで,県内での発生拡大を食い止め,トマトの安定生産に寄与する。また,地産地消の側面からも,県内でのトマトの安定供給に結びつける。
研究分担生産環境
予算区分受託(独法)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030151395
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat