受精卵クローン牛の細胞質が子牛生産と経済形質に及ぼす影響

受精卵クローン牛の細胞質が子牛生産と経済形質に及ぼす影響

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所畜産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H16〜20
年度2008
概要目的:本研究ではクローン検定による種雄牛造成と,増体等に優れた広島牛の母系遺伝子を活用した育種改良を行うため,レシピエント卵子の細胞質が流死産や過大子の発生と経済形質に及ぼす影響について検討する。、成果:ア)細胞質のミトコンドリアDNAが経済形質に影響を及ぼすことが判明した。イ)クローン牛の生産時に黒毛和種由来のドナー細胞にホルスタイン種由来のレシピエント卵子を用いると過大子が発生するが,黒毛和種由来のレシピエント卵子を用いると過大子の発生を予防できる。ウ)クローン牛を用いた種雄牛検定を行う場合,ドナー細胞とレシピエント卵子の由来品種を揃えることにより,牛の出生体重や発育が揃い検定精度が高くなる。エ)核移植に用いるレシピエント卵子を凍結保存することで,効率的にクローン牛を生産できる。
研究分担飼養技術研究部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030151433
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat