新規接ぎ木法による地域条件に適したトマト土壌病害防除技術の開発

新規接ぎ木法による地域条件に適したトマト土壌病害防除技術の開発

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター 本部・農業技術部
課題種別試験研究課題
研究期間新(H21-23)
年度2008
概要○目的:品種抵抗性の強化として、トマトの「高接ぎ木栽培」を主体に、安心して処理できる土壌消毒等の予防的措置を組み合わせて青枯病の総合防除技術を開発する。、○成果等:高接ぎ木技術等による青枯病の発病遅延効果を活用したトマト栽培技術を調査中
研究分担資源循環研究室
予算区分受託(独法)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030151574
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat