「なると金時」次世代ブランド品種の育成

「なると金時」次世代ブランド品種の育成

県名徳島県
研究機関名徳島県立農林水産総合技術支援センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H20〜22
年度2008
概要目的:「なると金時」の地域団体商標が登録されたが、生産者は外観や食味がさらに優れ、さらに周辺環境への拡散が問題となっている土壌消毒処理が削減が可能となる病害抵抗性を有する新品種を求めている。外観・食味が非常に優れた有望系統に適する栽培方法を検討する。さらに独自で作出する新系統、九州沖縄農研育成系統もあわせ、外観や食味の評価と病害抵抗性検定を行い、「なると金時」に続く新品種をつくる。、成果等:「九州138号」は収量、外観、食味が優れ、立枯病抵抗性も有することを明らかにしたが、当品種の栽培時の適正な土壌水分を検討した。また、九沖研育成系統の砂地畑適応性を検討した。さらに「なると金時」「徳島1号」「九州138号」を交雑実生を栽培し、外観が優れる系統を選抜した。
研究分担野菜園芸
予算区分県単
業績(1)サツマイモ立枯病抵抗性の新系統「サツマイモ徳島1号」
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030151665
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat