山菜等マイナー作物病害虫総合防除技術の確立

山菜等マイナー作物病害虫総合防除技術の確立

県名徳島県
研究機関名徳島県立農林水産総合技術支援センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜20
年度2008
概要目的:登録農薬が少ない山菜等マイナー作物の山フキ,葉ワサビについて,生物農薬や物理的防除等を組み合わせた病害虫の総合防除技術を確立し,生産性の向上とともに,安心・安全な農産物としてのブランド力を高める。、成果等:山フキでは白絹病での生物農薬の効果が低く使用方法の検討が必要である。フキノス゛イハ゛エの発生消長を調査し農薬登録のための試験を行っている。葉ワサヒ゛については、アフ゛ラムシ類に対する生物農薬の効果はハウス環境が重要であると考えられ、ナトヒ゛ハムシに対してハウス開口部の防虫ネット展帳等物理的防除が有効であった。
研究分担病害虫、中山間 生産環境
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030151681
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat