極大果でおいしい渋ガキ新品種「太天」のブランド化技術の開発

極大果でおいしい渋ガキ新品種「太天」のブランド化技術の開発

県名徳島県
研究機関名徳島県立農林水産総合技術支援センター果樹研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H21〜23
年度2008
概要目的:県北部では渋ガキ品種を主に栽培されているが、市場価格が低迷しており、産地の維持・発展のためにはブランド化できる優秀新品種を早期に導入し、収益性を高める必要がある。このため、極大果で食味のよい晩生不完全渋ガキの有望品種である「太天」を取り上げ、高品質安定生産技術の確立を図る。 、方法:高品質果実生産のための種子入りの防止。そのための単為結果力、無核果実の品質調査等を行う。 、期待される成果:高品質果実安定生産技術の確立を図り、現地導入する。
研究分担落葉栽培
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030151702
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat