イチゴ新品種「さぬき姫」のブランド化技術の開発

イチゴ新品種「さぬき姫」のブランド化技術の開発

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜20
年度2008
概要目的:「さぬき姫」のブランド化を目的に、安定生産のための品種特性の解明や高品質・安定生産技術の確立および輸送性を高めるための技術確立を行うとともに、環境対策として廃液を出さない養液栽培システムの開発を行う。 成果:1)消費者ニーズに対応した高品質生産技術の開発 (1)「ガク枯れ」症状等の発生回避のため、低温期に培養液濃度を下げる管理を行ったところ、3月前半までは収量への影響はなかった。それ以降は特にバッグ方式で減収がみられたが、「ガク枯れ」は軽減された。(2)「ガク枯れ」とともに品質低下の要因となる「裂皮」症状は、低温期に熟期を迎える小型の果実、および熟度が進んだ大型の果実に発生しやすいことがわかった。そのため、摘果や適期収穫が軽減に有効であると考えられた。
研究分担三木試験地、野菜
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030151785
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat