アスパラガス改植障害対策試験費

アスパラガス改植障害対策試験費

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農林水産研究所企画環境部・農業研究部
課題種別試験研究課題
研究期間継19〜21
年度2008
概要目的:県内アスパラガス主産地は、産地形成から10年以上経過して多くの圃場で改植時期を迎え、収量が低下しているが、改植障害の発生による生育不良を懸念して、多くの生産者が改植を見合わせている。そこで、株枯れの原因を究明し、改善対策を検証するとともに、新たに隔離ベット栽培技術の開発を行う。、成果:現地アスパラハウスの土壌を用い、株枯れの再現試験を試みたところ、根域土壌で枯死株が発生することが確認できた。また、根域土壌を滅菌すると株枯れ症状がでないことを確認した。作成した隔離ベッドシステムを用いて、収量を比較した結果、培地の種類では田土+モミガラ培地区が優れた。
研究分担生産環境室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030151867
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat