果樹病害虫防除試験、(2)新腐敗病防除技術確立試験

果樹病害虫防除試験、(2)新腐敗病防除技術確立試験

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農林水産研究所果樹研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜21
年度2008
概要目的:ハウスみかんを中心に、従来の薬剤が効かない新種の果実腐敗(収穫後選果場において発生)が増加し問題となっている。このため、腐敗果の調査や発生環境の解析等により病原菌を同定しその実態を明らかにするとともに、薬剤試験の実施により有効な防除法を確立する。、成果:腐敗の病原はこうじかび菌(Aspergillus niger、A.carbonarius、A.japonicus)であることを明らかにした。また、ベノミル及びイミノクタジン酢酸塩に対する耐性菌はA.nigerにのみ出現していることを明らかにした。
研究分担果樹研究センター(病理昆虫室)
予算区分国庫補助(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030151903
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat