みかん研究所試験研究費、(2)急傾斜みかん園生産力向上試験

みかん研究所試験研究費、(2)急傾斜みかん園生産力向上試験

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農林水産研究所果樹研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜23
年度2008
概要目的:急傾斜園の労働環境を改善する省力樹形の開発、果汁と高糖完熟果の用途別省力生産技術の確立、防風垣法面管理の省力化と有用かんきつの利用技術を確立に取組み、急傾斜園の高機能維持による収益性向上を図る。、成果:温州みかん、河内晩柑等において樹の下部亜主枝を中心に剪定する新樹形(きのこ型樹形)は、樹勢維持効果が高く、果実品質・収量も安定しており有効であった。
研究分担みかん研究所
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030151909
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat