広域連携型農業研究開発事業、(2)革新的イチジク樹形栽培における株枯病防止試験

広域連携型農業研究開発事業、(2)革新的イチジク樹形栽培における株枯病防止試験

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農林水産研究所果樹研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜22
年度2008
概要目的:イチジクの重要病害である株枯病の防除技術を確立する。本県では、株枯病の病原菌量と発病との関係を定量PCR技術を用いて明らかにするとともに、株枯病抵抗性品種を台木利用した場合の、台木の長さと病原菌量との関係を調査し、病原菌の移行実態を解明する。 成果:定量PCR法で、株枯病菌胞子濃度の定量が可能であることを解明し、定量PCR法による評価方法を確立した。これにより抵抗性台木の有効性を確認することが出来た。
研究分担果樹研究センター(病理昆虫室)
予算区分受託(地方公共団体)
業績(1)PCRを用いたイチジク株枯病菌の検出
(2)リアルタイムPCR法によるイチジク枝中のイチジク株枯病菌の定量
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030151913
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat