新高ナシ汚れ果対策の確立

新高ナシ汚れ果対策の確立

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜21
年度2008
概要目的:近年、新高ナシでは地球温暖化が要因と思われる果皮の汚れ果症が多発し、商品価値と販売価格の低下、農家の生産意欲の減退を招いている。そこで、汚れ果症の発生原因を病害面から究明するとともに、防止対策を確立する。、成果:新規小袋は、果実表面の汚れに対する明らかな抑制効果が認められた。
研究分担病理担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152001
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat