ブルースター立枯症の原因究明と防除技術の開発

ブルースター立枯症の原因究明と防除技術の開発

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H20〜22
年度2008
概要目的:有望花きブルースターでは立枯性病害の発生が徐々に増加し出荷量が減少しており、市場からの出荷要請に応えきれない状況となっている。そこで、立枯症の原因を明らかにし、防除対策を確立する。、成果:1)Pytophyhora palmivoraが立枯症の原因であることを明らかにした。、2)予防効果のある8薬剤と病害発生後に防除効果がありそうな2剤を見出した。 
研究分担病理担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152002
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat