土佐ジローの品種固定化に関する研究

土佐ジローの品種固定化に関する研究

県名高知県
研究機関名高知県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H16〜20
年度2008
概要目的:土佐ジローは、土佐地鶏とロードアイランド種との1代雑種であり、この交雑種を種鶏とする品種の固定化により、産卵能力の向上や卵質の斉一化、経済形質の向上を図る。、成果:継代交配によりF10世代まで作出し、体重や卵質については形質の固定化がみられたが、産卵率が不安定なことから引き続き継代交配を重ねながら選抜を強化し、産卵率の安定化に向け新たな系統も含めて作出する。
研究分担中小家畜課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152054
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat