森林吸収源計測活用体制整備強化事業

森林吸収源計測活用体制整備強化事業

県名高知県
研究機関名高知県立森林技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継12〜22
年度2008
概要目的:本県の森林資源モニタリング調査プロットの特定調査プロットについて、現地調査・試料の採取を行い、全国規模で実施されている森林吸収量の算定・報告・検証に貢献する。、成果:平成18年度15ヶ所、平成19年度12ヶ所、平成20年度9ヶ所で現地調査を行い、全炭素・全窒素の分析用の試料を採取し、乾燥・調整・重量測定等を行い、堆積有機物試料および土壌試料(ポリビン)を送付した。また、調査結果を指定の調査様式に従い記録し、成果報告書および記録電子媒体CD-Rに収録して(独)森林総合研究所に送付した。
研究分担森 林、経営課
予算区分受 託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152077
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat