簡易放牧による獣害防止と粗放的農林地管理技術の確立

簡易放牧による獣害防止と粗放的農林地管理技術の確立

県名高知県
研究機関名高知県立森林技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H19〜20
年度2008
概要目的:ネット柵や有刺鉄線牧柵に比べて短時間・少人数で設置でき、また、撤去も容易な電気牧柵を使った林地への土佐褐毛牛の放牧による下刈りの省力化とともに、ニホンジカによる獣害軽減の可能性について検証する。、成果:(1)傾斜が20°以上の急傾斜地では、電気牧柵のみによりシカ害軽減に一定の効果があり、傾斜が10°程度の緩傾斜地では電気牧柵に加えて牛を放牧することでシカ害を軽減できることが判った。(2)簡易放牧による下刈り軽減はススキに対して特に効果がみられ、下刈りだけではなく地拵えなどにも応用できることが判った。(3)放牧牛の苗木への被害を抑えるためには、放牧面積、放牧頭数、飼料植物量などから放牧可能日数を予測することが有効である。
研究分担森 林、経営課
予算区分県 単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152081
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat