アユ資源の動態評価技術の確立と定着促進

アユ資源の動態評価技術の確立と定着促進

県名高知県
研究機関名高知県内水面漁業センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜H22
年度2008
概要目的:遡上から産卵・流下までを通した調査により資源動態を把握し、漁業者が現況に応じた資源管理を行えるように支援する。 成果:遡上量水準を数値として掴める簡便な調査方法を実証中。遡上後の河川棲息密度調査を行い、遡上水準と比較検証中。流下仔魚調査を行い、産卵場調査・流下仔魚から、産卵場の機能評価と産卵量の動向を調査中。 
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152088
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat