浮魚礁モニタリング調査事業

浮魚礁モニタリング調査事業

県名高知県
研究機関名高知県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新h20〜22
年度2008
概要 高知県では、昭和59年から設置が始まった表層式浮魚礁「土佐黒潮牧場」ブイ(以下、「黒潮牧場ブイ」)が顕著な漁獲効果を発揮し、沿岸釣漁業者から高い評価を受けている。平成13年度からは漁場拡大、設置コスト削減等の観点から中層魚礁の設置も開始されている。実績の乏しい中層魚礁では、集魚能力の検証が必要であるとともに、目視できないうえ流れにより礁体深度や水平位置が変化することによる操業上の不便等の課題がある。そこで、既設浮魚礁の追跡調査によりこれら課題の解決を図るとともに、高知県海域に適した浮魚礁漁場造成手法の検討を行う。
研究分担漁業資源課
予算区分県単
業績(1)中層魚礁の漁獲効果に関する研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152102
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat