養液栽培イノベーションー光触媒フィルタによる安全と安心

養液栽培イノベーションー光触媒フィルタによる安全と安心

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜20
年度2008
概要 循環型養液栽培は環境負荷の少ない技術として期待されているが、病原菌によるリスク対策が課題となっている。一方、二酸化チタンによる光触媒を培養液の浄化・殺菌に利用することが試みられているが、実用レベルでの培養液浄化技術は確立されていない。そこで、サラダ菜の水耕栽培を行って、UV光源を用いた光触媒フィルタの培養液浄化機能を検討した。TOCについては差が認められなかったが、細菌数は光触媒フィルタを用いることで対照より少なくなった。サラダ菜の生育、収量に差は認められなかった。光触媒フィルタ細菌数抑制効果は確認され
研究分担土壌・環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152161
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat