IPM(総合的病害 虫管理)に基づく減農薬防除体系の確立1)カンキツ園における減農薬栽培等の環境保全効果の評価に用いる生物多様性の指標生物の選抜、(1)多様性の指標となる生物種の選定

IPM(総合的病害 虫管理)に基づく減農薬防除体系の確立1)カンキツ園における減農薬栽培等の環境保全効果の評価に用いる生物多様性の指標生物の選抜、(1)多様性の指標となる生物種の選定

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜21
年度2008
概要目的:減農薬栽培、有機栽培等の環境保全型農法が生物多様性の維持に及ぼす効果を評価するための指標生物(天敵等)を選定する。 成果:無防除や減農薬園で特異的に採集される多様性の指標種候補を選抜した。その結果、地上徘徊性のオオヒラタシデムシ、アトボシアオゴミムシ、オサムシ類及びクモ類が候補となった。
研究分担病害虫部
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152173
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat