省力・軽作業化のための生産技術の開発、1)カキの超低樹高ネット栽培による省力安定生産技術の開発、(1)超低樹高栽培技術の開発

省力・軽作業化のための生産技術の開発、1)カキの超低樹高ネット栽培による省力安定生産技術の開発、(1)超低樹高栽培技術の開発

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜20
年度2008
概要目的:カキ「富有」で省力・軽労化をねらった一文字・超低樹高の栽培技術を確立する。、成果:一文字整枝樹では同樹齢の立ち木仕立て樹に比べて、樹冠面積や 1樹当たり収量は少ないが10a換算収量は多くなった。一文字整枝では低樹高化が可能であり、管理作業に脚立が不要で果実が作業がしやすい位置に多く着果し、軽労化が図れた。
研究分担果樹部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152227
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat