省力・軽作業化のための生産技術の開発、1)果樹の樹体ジョイント仕立てを核とした省力、低コストシステムの開発、(1)カキのジョイント仕立てによる省力・高品質安定生産技術の開発

省力・軽作業化のための生産技術の開発、1)果樹の樹体ジョイント仕立てを核とした省力、低コストシステムの開発、(1)カキのジョイント仕立てによる省力・高品質安定生産技術の開発

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H21〜25
年度2008
概要目的:ナシで開発されたジョイント仕立て法をカキ「太秋」に応用することにより、省力・高品質安定生産技術を開発する。、成果:ジョイント仕立てにより樹勢の維持強化と雌花確保が図れるとともに側枝の維持管理が単純化でき、早期成園化と省力・高品質安定生産が可能となる。
研究分担果樹部
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152229
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat