イノシシ肉の処理及び熟成による肉質への影響の解明

イノシシ肉の処理及び熟成による肉質への影響の解明

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜21
年度2008
概要 近年、耕作放棄地の増加等から中山間地域の荒廃が進み、イノシシ、鹿等の生息環境が拡大し、農作物、地域住民への被害が増加している。そこで、今まで不明であったイノシシ肉の最適な熟成条件及びと殺条件との関連について検討し、捕獲意欲を高めると同時に捕獲後のイノシシ肉の食用利用推進を図る計画である。現在、と殺方法や保存期間の違いが肉質に及ぼす影響を調査中である。
研究分担家畜部
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152242
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat