飼料用稲を中心とした栽培・収穫体系の確立、 1)北部九州における飼料用稲品種特性の解明と栽培技術確立 2)飼料用稲を中心とした多収な作付け体系の確立

飼料用稲を中心とした栽培・収穫体系の確立、 1)北部九州における飼料用稲品種特性の解明と栽培技術確立 2)飼料用稲を中心とした多収な作付け体系の確立

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜22
年度2008
概要目的:九州北部の暖地に適した各種飼料イネの栽培特性を現地試験地で実証する。また試験場内の水田を用いて移植方法、施肥方法等の最適栽培条件を検討する。、計画:(1)福岡県大川市に現地試験地を設置し、耐倒伏性及び多収性に優れた新品種タチアオバの栽培方法を調査。(2)飼料用稲6品種系統を用い、適品種の選定や、省力多収に適した移植時期等を調査。、成果:(1)現地試験では、栽植密度は下げずに、一株当たりの植え込み苗数を削減することで、 疎植と同等の育苗コスト低減効果が得られ、収量も同等であることが明らかになった。(2)場内試験では、
研究分担畜産環境部
予算区分受託(九沖研センター)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152252
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat