西南暖地向け飼料米品種を用いた乳牛への給与技術の確立 1)飼料米の飼料特性の解明

西南暖地向け飼料米品種を用いた乳牛への給与技術の確立 1)飼料米の飼料特性の解明

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜22
年度2008
概要目的:飼料米の飼料特性を飼料成分の化学分析等を行うことにより明らかにする。、計画:(1)飼料米4品種の飼料成分調査、(2)現地2箇所の飼料成分調査及び(3)めん羊を用いた消化試験による消化性の解明を行う。、成果:平成20年度産サンフ゜ルは現在、化学分析中。進行状況は(1)品種比較は化学分析中。(2)現地試験では地域により飼料成分組成に差が認められた。(3)消化性についてはTDN計算中である。
研究分担畜産環境部
予算区分受託(九沖研センター)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152254
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat