田畑輪換の継続による土壌肥沃度の低下要因の解明と土壌管理を中心にした対策技術の策定 (1)稲・麦、大豆・麦二毛作における大豆生産力低下要因の解明

田畑輪換の継続による土壌肥沃度の低下要因の解明と土壌管理を中心にした対策技術の策定 (1)稲・麦、大豆・麦二毛作における大豆生産力低下要因の解明

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜20
年度2008
概要目的:麦・大豆生産に伴う畑期間の長期化により、大豆の作柄低迷が懸念されている。そこで、水田転換畑における大豆の作柄変動要因を解明し、技術対策を明らかにする。 期待される成果:輪作体系と土壌理化学性の変化の解明により持続的な栽培管理技術が明らかになり、大豆安定生産と土地利用型農業経営の安定に寄与できる。 
研究分担筑後分場
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152273
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat