地域資源の活用を目指したサザンカの生理活性評価並びに香粧品の開発、

地域資源の活用を目指したサザンカの生理活性評価並びに香粧品の開発、

県名福岡県
研究機関名福岡県工業技術センター生物食品研究所
課題種別試験研究課題
研究期間H20〜H21
年度2008
概要久留米市はツバキ生産量が日本一であり、耳納連山には由緒あるツバキ科のサザンカ自生林が存在する。久留米ツバキ研究開発プロジェクトと連携して、地域資源を活用した久留米ツバキブランドを全面に押し出した地域産業振興を目的としている。サザンカの細胞を用いた生理活性評価及び衛生害虫に対する忌避効力評価を調べるとともに、その機能性を活かした製品開発に取り組む。
研究分担生物資源課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152312
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat