外来野生動物等による新たな農林被害防止技術の開発

外来野生動物等による新たな農林被害防止技術の開発

県名福岡県
研究機関名福岡県森林林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜20
年度2008
概要シカによる造林木の剥皮被害について、発生時期やその要因、生息密度との関連を調査し、被害の軽減技術を開発する。
研究分担育林課
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152324
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat