オイカワ資源増殖実用化に関する研究

オイカワ資源増殖実用化に関する研究

県名福岡県
研究機関名福岡県水産海洋技術センター内水面研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜21
年度2008
概要(1)目的:近年福岡県で減少傾向にあるハヤ(オイカワ)の資源増殖のため、すでに開発した産卵場造成技術と人工種苗生産技術を実用化する。 (2)計画:19〜21年度 人工産卵場造成技術開発、大量採卵・種苗育成技術開発の実用化研究 (3)期待される成果:ハヤ資源の回復により、ハヤを原料とする加工品の出荷が増えるなど、漁家経営の安定に寄与する。 (4)得られた成果:先に実施した「ハヤの資源回復に関する研究」での成果を基に、実用化研究を実施中。 (5)成果の受け渡し先:本庁水産関係課、関係団体 (6)残された問題点等:特になし。
研究分担内水面研究所
予算区分都道府県単
業績(1)オイカワの産卵場増成手法に関する研究
(2)ハヤの資源回復に関する研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152384
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat