交信攪乱フェロモン剤等を利用した施設野菜類の環境保全型防除技術の確立

交信攪乱フェロモン剤等を利用した施設野菜類の環境保全型防除技術の確立

県名佐賀県
研究機関名佐賀県農業試験研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継、H19〜21
年度2008
概要○目的、 本県の主要野菜であるアスパラガス、小ネギについて、生物農薬である交信攪乱フェロモン剤等を利用して、減農薬による環境保全型防除技術を確立する。、、○成果、(1)半促成長期取りアスパラガスでのコンフューザーVの設置により、薬剤散布回数を削減できた。また、各種防除技術を組み合わせることで、化学農薬の使用成分回数を大幅に低減できた。、(2)イチゴでのコンフューザーVの育苗期からの設置と薬剤防除の組み合わせは、化学農薬の削減に有効と考えられた。、(3)小ネギ圃場において、コンフューザーVは各鱗翅目害虫に対し高い交信攪乱効果を示すことを確認した。、(4)施設小ネギのハモグリバエ類及びアザミウマ類に対し、近紫外線除去フィルムと防虫ネットの組合せは、被害抑制とともに薬剤防除回数の削減が可能であった。
研究分担病害虫農薬
予算区分国庫(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152433
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat