交雑育種法による早期出荷可能な中晩生カンキツ品種の開発

交雑育種法による早期出荷可能な中晩生カンキツ品種の開発

県名佐賀県
研究機関名佐賀県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継11〜20
年度2008
概要(目的)中晩生カンキツの導入による多角化を図るために、年内出荷が可能な中晩生カンキツの新品種を育成する。、(計画)早生系母樹利用による早期減酸系統の育成。雄性不稔等を利用した無核品種の育成。珠心胚実生を利用した早生系品種の育成。、(得られた成果)‘不知火’を交配母樹として‘紅甘夏’の花粉を交配して得られた珠心胚実生の中から、‘不知火’よりも樹勢が強く、減酸が早い系統を選抜し、育成したカンキツ新品種‘佐賀果試34号’は、2006年7月13日に品種登録された。
研究分担品種開発研究担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152444
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat