対馬しいたけのブランド確立のためのアベマキによる栽培技術の確立

対馬しいたけのブランド確立のためのアベマキによる栽培技術の確立

県名長崎県
研究機関名長崎県総合農林試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜21
年度2008
概要 アベマキを使用した原木栽培シイタケは肉厚で高品質とされていますが、収量がコナラに比べると2割程度少ないため、収量をコナラと同程度まで引き上げるための人工ほだ場における栽培技術の確立と、差別化やPRのためのアベマキしいたけの特性を解明します。、
研究分担森林資源利用科
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152563
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat