飼料作物の系統適応性検定

飼料作物の系統適応性検定

県名長崎県
研究機関名長崎県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継S51〜
年度2008
概要 育成場所から配布された草種の新系統について、本県における適応性を検討し、新品種作出のための基礎資料を得ることが目的である。現在、イタリアンライグラスとソルガムの2草種において試験を実施中である。イモチ病抵抗性の強い短期利用型「山系33号」を用いた標準播きと遅播きの試験に取り組み、いもち病、冠さび病の病害については「標準播き」「遅播き」ともにみられなかったが、斑点病が若干みられた。一方、ソルガムは、現在、高消化性遺伝子を有した東山交31号(スーダン型)と九州2〜4号(スーダン型)およびソルゴー型の東山交33〜34号、6系統について試験を実施し、東山交33号、34号は、耐病害・虫害性等が強く、収量性も高く有望と思われた。スーダン型の系統については、いずれの系統も収量面で標準品種並かそれより劣っていた。、
研究分担大家畜科
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152623
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat