カラーの11〜12月安定出荷技術の確立

カラーの11〜12月安定出荷技術の確立

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜H21
年度2008
概要目的:湿地性カラーの水の掛け流しの水深が年内採花に及ぼす影響を検討する。、期待される成果:年内出荷量の増加、得られた成果:湿地性カラーの掛け流しの水深を10cm程度に深くすると、ほ場全体の水温が均一化し、採花開始時期は前進し、切り花長も長くなる。、成果の受け渡し先:カラー栽培農家、残された問題点等:
研究分担農産園芸・花き
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152691
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat