イチゴの新品種育成のための低次倍数化技術の開発

イチゴの新品種育成のための低次倍数化技術の開発

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜H22
年度2008
概要目的:イチゴの実用系統は8倍体であり、自殖による形質固定が困難であるため、栄養繁殖による育苗がなされている。近年、この育苗法に起因する病害伝搬が問題となっている。そこで、病害抵抗性等の有用遺伝子の効率的な集積および形質固定を目的とした、イチゴの低次倍数化法ならびに倍加法を確立する。 計画:葯中の小胞子から低次倍数体を再分化させ、これを倍加することにより、遺伝子の固定化を図る。また、偽受精胚珠培養による低次倍数体の作出を試みる。 成果:現在、葯培養により供試品種全てにおいて再分化個体を得ており、今後それらの倍数性の確認、更なる低次倍数化、ならびに倍加処理方法の検討を行う予定である。
研究分担農産園芸・バイオ育種
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152699
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat