クワシロカイガラムシに対する省力防除体系の確立

クワシロカイガラムシに対する省力防除体系の確立

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H20〜H22
年度2008
概要目的:クワシロカイガラムシ防除における省力化のために、土壌処理による防除法と、長期残効性のある薬剤を用いた防除法について検討する。、成果:土壌処理粒剤は、通常の薬剤散布に比べると効果は劣るものの、防除効果がみられたが、散布タイミング及び降雨との関係については明確な傾向はわからなかった。長期残効性剤の防除効果は、少発生条件下のため判然としなかった。
研究分担茶業
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152706
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat