阿蘇地域の特産大豆・水稲の生産安定技術

阿蘇地域の特産大豆・水稲の生産安定技術

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜H21
年度2008
概要目的:大豆作の湿害を軽減できる播種技術、及び大豆後作「コシヒカリ」の生産安定技術を確立する。、結果:大豆では、ほ場滞水による生育抑制を軽減するため、生育初期の湛水処理後に窒素施肥を行った結果、0.4Nkg/aの窒素追肥で、湛水無処理とほぼ同等の収量が確保された。また、アップカットロータリーによる播種で、砕土率が高く、麦後栽培での有利性が確認された。大豆後「コシヒカリ」の窒素施肥体系(kg/a)では、基肥0.2、追肥0.2が適当と考えられた。
研究分担高原
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152777
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat