秋輪ギク「神馬」の突然変異育種法による新品種の育成

秋輪ギク「神馬」の突然変異育種法による新品種の育成

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間H18〜20
年度2008
概要■目的 秋輪ギク「神馬」(白色)は県内で多く栽培されている。「神馬」と同じ栽培特性を持つ黄色品種を育成できれば、生産・販売戦略上有利となる。「神馬」濃黄色系統を育成するため、イオンビーム照射による突然変異個体を作出するための効率的な培養系を確立する。 、■細目課題 1)交配母本の選定、2)交配、、■成果 「神馬」濃黄色系統が作成できた。ただ、退色が見られ改善が必要。
研究分担水田農業研究所、生物工学担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030152837
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat