宮崎県のキュウリ産地における脱臭化メチル栽培マニュアルの開発

宮崎県のキュウリ産地における脱臭化メチル栽培マニュアルの開発

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間H20〜24
年度2008
概要目的:2013年の臭化メチル全廃を受け、有効な代替技術が無いキュウリ緑斑モザイク病に対して、既存の技術を組み合わせて宮崎県に適した脱臭化メチル栽培マニュアルを開発する。、成果:本ウイルスが土壌伝染しなくなる腐熟期間の大まかな目安を得ることができた。地下部残渣の病原性低下は土質により異なるなど病原性に関する基礎的な知見が得られた。
研究分担生物環境部
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030153050
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat