ウリ類黄化症の発生原因の解明

ウリ類黄化症の発生原因の解明

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継18〜20
年度2008
概要目的:ウリ類に発生している黄化症の原因解明とトマト黄化葉巻病の媒介昆虫であるタバココナジラミの防除法を確立する。、成果:平成19年度の成果として黄化症の発生原因が新種ウイルス(CCYV)による病害「ウリ類退緑黄化病」であることが判明したが20年度は本病の生態解明に取組み、感染と被害の関係やウイルスや媒介虫の生態や性状に関する基礎的な知見を得た。
研究分担生物環境部
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)・宮崎県におけるCucurbit chlorotic yellows virus(仮称)によるキュウリ退緑黄化病(仮称)の発生
(2)・育苗期のジノテフラン処理によるキュウリ退緑黄化病の媒介抑制効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030153057
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat