本県沿岸の海域特性を考慮した藻場造成技術の確立

本県沿岸の海域特性を考慮した藻場造成技術の確立

県名宮崎県
研究機関名宮崎県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H20〜24
年度2008
概要南方系ホンダワラも含め本県沿岸の藻場の分布調査や、ウニの除去とその有効活用、海藻種苗の添加、あるい本県に特異的なウニや魚類の食害など本県の藻場減少要因を考慮した藻場造成技術を確立する。
研究分担増殖
予算区分都道府県単
業績(1)宮崎県串間市沿岸の藻場と磯焼け域の景観から考察するそれぞれの維持機構(口頭)
(2)宮崎県串間市沿岸のタマナシモクの生長と成熟及び群落の維持について(口頭)
(3)九州産ホンダワラ類4種の付着器からの再生能とその温度特性(口頭)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030153153
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat