ニガウリに対する肥効調節型肥料施肥技術の確立

ニガウリに対する肥効調節型肥料施肥技術の確立

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完、H16〜20
年度2008
概要目的:肥効調節型肥料を利用することにより、環境負荷低減及び省力化栽培体系を確立する。 、成果:新肥料では施肥後約120日以上追肥無しで収穫ができ、省力化が可能であり、栽培跡の肥料の残存も減少した。
研究分担土壌環境班
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030153428
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat