マンゴ-の結果母枝育成による連年着果・着花技術の確立 1.着花・着果安定技術の確立 (1)予備枝設定の効果 (2)晩秋芽に対する摘芽処理の影響 (3)晩秋芽に対する葉面散布の影響

マンゴ-の結果母枝育成による連年着果・着花技術の確立 1.着花・着果安定技術の確立 (1)予備枝設定の効果 (2)晩秋芽に対する摘芽処理の影響 (3)晩秋芽に対する葉面散布の影響

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継・H18〜H22
年度2008
概要目的:マンゴーの着花着果安定技術と低コストハウスにおける樹体管理技術を確立する。、成果:(1)予備枝設定は、樹冠の拡大を遅らせ着果母枝を増やす効果は高いが、育成不十分で着花枝率が低下した。(2)晩秋芽を早めに摘芽処理することにより結果母枝が促進され着花が向上した。(3)葉面散布による着花・着実の向上には効果が低かった。 
研究分担石垣支所作物園芸班
予算区分おきなわ熱帯果樹ブランド確立事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030153571
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat