沖縄県における牛流行熱(BEF)ウイルスの疫学解析

沖縄県における牛流行熱(BEF)ウイルスの疫学解析

県名沖縄県
研究機関名沖縄県家畜衛生試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完18〜20
年度2008
概要沖縄で分離されたBEFウイルスのG遺伝子分子系統樹解析を実施した結果、台湾株に近く、ワクチン株であるYHL株やオーストラリア株とは異なるグループで、また1980年代と1990〜2000年代株の2つのクラスターに分かれた。YHL株と比べ中和エピトープ領域に4カ所の非同義置換が確認されたが、ワクチン接種牛の血清は分離株に対しても同等の中和抗体価を示し、現行ワクチンの有効性が伺われた。
研究分担家畜衛生
予算区分県単
業績(1)沖縄県における牛流行熱(BEF)ウイルスの疫学解析(仮)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030153597
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat