高度安定性高品質の早期総合開発

高度安定性高品質の早期総合開発

県名北海道
研究機関名北海道立上川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜25
年度2009
概要 中期世代の各種形質の選抜強化を行った。1)中期世代の育成材料を冷水掛け流し水田に供試し選抜することにより、極強レベルの耐冷性を持つ系統を育成することを目的とした。生産力予備試験供試材料306系統を冷水処理し耐冷性の選抜を行った結果耐冷性「強」が148系統、「極強」が59系統あった。系統選抜供試材料1,139系統を供試し、耐冷性「強」が481系統、「極強」が146系統あった。2)中期世代においていもち病耐病性を検定することにより良食味でいもち病耐病性の強い系統を選抜することを目的とした。生産力予備試験306系統について葉いもち、穂いもちの抵抗性を検定した結果、葉いもち抵抗性の強系統は74系統、穂いもち抵抗性強系統は1系統であった。3)アミロース、蛋白質含有率の測定および食味検定試験を行い、極良食味品種の開発を目指す。低アミロース関連のDNAマーカーを利用して遺伝子型固定を図ることを目的とした。a. アミロース含有率の測定:生産力予備試験233点、系統選抜828点、穂別系統選抜1,156点。b. 蛋白質含有率の測定:生産力予備試験233点、系統選抜954点、穂別系統選抜1,299点。c. 食味官能試験:生産力予備試験122点、少量炊飯試験は系統選抜で270点。、d. DNAマーカーによる選抜強化:生産力予備試験でWx-ozの分離の可能性がある41系統の分離判定を行った。
研究分担水稲科
予算区分道単
業績(1)食味官能評価と理化学特性からみた北海道米品種の食味向上
(2)北海道における水稲品種開発 「きらら397」から「ゆめぴりか」への展開
(3)極良食味の水稲新品種「ゆめぴりか」の育成
(4)技術開発の成果と展望(1)北海道米の良食味品種の育成について
(5)技術開発の成果と展望(2)新品種「ゆめぴりか」の育成と今後の北海道育種
(6)「ゆめぴりか」の育成と水稲育種の今後の展開
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030153752
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat