平成21年における大豆出芽不良要因の解明と対策

平成21年における大豆出芽不良要因の解明と対策

県名北海道
研究機関名北海道立十勝農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H21
年度2009
概要目的:平成21年に発生した大豆の出芽不良について、チアメトキサム水和剤・殺菌剤処理の影響を解明するとともにその対策を検討する。計画:チアメトキサム水和剤処理の有無と温度条件(12、16、20℃)が発芽及び出芽に及ぼす影響を調査する。成果:発芽はチアメトキサム水和剤処理により遅れと発芽率の低下が認められ、低温になるほどその差は大きかった。チアメトキサム水和剤処理による出芽の異常は認められなかったが、各温度で出芽の遅れが認められた。
研究分担大豆科
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030153864
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat