かん水と品種選定等によるたまねぎの紅色根腐病対策

かん水と品種選定等によるたまねぎの紅色根腐病対策

県名北海道
研究機関名北海道立北見農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H21〜24
年度2009
概要目的:たまねぎの紅色根腐病被害について、かん水による被害軽減メカニズムを明らかにし、それに基づいたかん水指針を策定することと、既存品種の強弱を明らかにすることを目的とし、これらを組み合わせた被害軽減策を提示する。、成果:、 (a) 現地圃場のいずれも、本年は発病が少なく推移し、地上部が枯れるほどの症状は見られなかった。また、降雨が多いため有効なかん水処理を行うことができなかった。抜き取り調査では、今年の初発時期は6月上旬頃で、病徴の伸展が見られた時期は7月上旬頃であった。、(b) 他病害の顕著な発生はなかった。、(c) 分施処理は,同一の窒素施肥量で慣行施肥に対して窒素吸収量が増加することから、施肥窒素溶脱の軽減に有効な技術であると考えられた。、(d) 初発期に、苗の移植時期や品種との関係は見られなかった。根の紅変は少なく推移し、品種強弱の判断には至らなかった。
研究分担病虫科
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030154043
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat